ボンボン・ショコラ

  • 2018.04.25 Wednesday
  • 09:47

チョコレートの授業

今回は、チョコレートの授業です。特に型取りしたボンボン

ショコラを作りました。

ガナッシュやパー・ド・フリュイ(フルーツのピュレを使った

ペクチンのゼリー)、ヌガーなどを使い味のバリエーション・

形状も様々なショコラを製作しました。

 

途中「テオブロマ」の土屋シェフにも担当して頂き先生

持ち帰った本物のカラフルなカカオ豆を食べさせて頂いた

り先生の技術を見る良い機会でした。

酒井先生もカラフルな洗練されたボンボンショコラを製作しました。

 

 

 

カラフルな色を吹きかけた型にテンパリングしたチョコレートを

絞りしばらく放置してから型をひっくり返し余分なチョコレートを

落とし器の完成。その中にセンターとなるガナッシュなどを絞ります。

 

センターが固まったらちょこれーでしっかりフタをして固まったら型から

外すとピカピカのボンボンショコラが完成です。 

 

柔らかい流動性のあるせんたーは市販のクーゲルンに絞り込み

棒を差しフタをしてペロペロキャンディー風に仕上げました。

 

 

「テオブロマ」の土屋先生の授業中。先生が持参した生のカカオ豆の説明試食中

スナップです。

 

生のカカオを食べて神妙な顔!!(チョコレートになるのはカカオの種、

試食したのは種の周りの綿状の部分)

 

土屋先生の製品です!!

 

今回は、最終的にこんな風にブレゼンしました!!ボンボンショコラを

のせている皿もチョコレートで酒井先生が製作してくれました。

製品が生えますね!!

 

 

 

****** 担当 平岡 でした。 *******   

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.06.07 Thursday
  • 09:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    profile

    profilephoto
    日本菓子専門学校は1960年に、製菓業界の要望で誕生した学校です。
    1998年、フランス及びドイツ国立製パン学校の姉妹校締結と同時に製パン技術学科が誕生しました。
    以来、製菓・製パン業界の未来を担う中心的存在として、多くの人材を送り出しています。
    2015年、創立55周年を迎え、今後も新しい時代の要望に応え、さまざまな取り組みを積極的に行っていきます。

    設置学科
    ・製菓技術学科(2年制)
    ・製パン技術学科(1年制)

    http://www.nihon-kashi.ac.jp/
    nks@nihon-kashi.ac.jp

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM